「ルーロー飯」とは?無印良品の台湾の味わい

「ルーロー飯」とは?無印良品の台湾の味わい

無印良品の「ごはんにかけるルーロー飯」。

ファミリーマートでたまたま見かけて、

カレーの新味と間違えて購入しかけたところ、「なにか違う!」とよくよく見ると、

”ルーローめし”と書いてある。ルーローめし・・・!初耳ワードです。

角煮みたいなのが乗っている写真。端にゆでたまごが添えてあります。

「なんだろう・・・!?」とドキドキしながら購入。台湾と書いてあります。

無印のパウチ食品って、ベトナム系とかタイ系はちょこちょこ見るのですが

台湾系のお味って初めてかもしれない。台湾に行ったこともなく、

詳しくはないのですが、日本と仲のいい国という親しみ深い印象ではあります。

「そういえば、台湾の人はどんなものを食べてるんだろう?」と初めて意識しました。

ほぼ隣国なので、日本と大差があるようにも思えないんですが、

じつはどんな食事内容なのか、まったく見当もつかず・・・。そんな中、

この「ルーロー」というフシギな響きに出会いました。

【ルーロー飯、とりあえず食してみます】

「ご飯にかかっているから、カレーの兄弟分みたいな感じかな?」と予想しましたが

全然違っていました。豚の角煮がゴロリと出てきて、ほかにはタケノコ&キクラゲが沢山。

トロみのあるあんかけ風で、甘辛い香りと、ちょっと独特の香辛料。

いざ試食してみると・・・牛丼&スキヤキを煮詰めて、香辛料を加えた感じ!

イケます。もちろん具材は日本食とは全然違います。

八角と山椒が、日本の料理にはあまり感じたことのない香りを添えている。

そして、ルーロー飯は「ルーローハン(ルーローファン)」と読むんですね。

(人前で言わなくてよかった・・・☆)

表記は”滷肉飯/魯肉飯”(難字!)。ご飯を除いて一食あたり197㎉です。

豚肉がしっかりと煮込まれてとろけそうでした^^

味付けがしっかりしているので、夏の食欲不振にはもちろんのこと、

寒い冬にもしっかり温まれそう(しょうが&にんにく入りで)。

タケノコ&キクラゲのシャキシャキ&コリコリ食感がいい感じ♪

外食すると、いつもおなじみの味ばかりに偏ってしまうんだけど、

無印パウチだと、普段味わえない異国の味に出会えるのが楽しいです。

これからも珍しい味わい、どんどんトライしていこう^^



スポンサード リンク


↓無印良品のコスメも扱っている数少ない楽天ショップです↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



この記事の最上部へ

【無印良品と雑貨と私】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ