無印良品「針が細い画鋲」vs「忍者ピン」ならどっちを選ぶ?

無印良品「針が細い画鋲」vs「忍者ピン」ならどっちを選ぶ?

gabyou2出典 http://www.muji.net/store/

【「針が細くて穴が目立たない」ガビョウ対決!?】

無印良品で人気のガビョウに『針が細い画鋲』というのがあります。

日本製で、フロートの持ち手がスタイリッシュ&涼やか!

そして、針がとっても細いので、壁の穴が気になる方も、これでいろんなものを

壁に貼り付けられるというわけです。アイデア商品ですね、さすが無印♪

ninjya-pinいっぽう、画鋲売り上げNO,1を誇る画鋲といえばコチラ。

「忍者ピン」です。針がV字になっていて、

点でなく線でしか壁穴が残らないというステキ商品。

ロングセラー商品で、持ち手のカタチもちょっぴり無印のものに似ている。

違うのは針の太さ&形状です。そして、お値段。

gabyou1

出典 http://www.muji.net/store/

無印良品の画鋲は12個で180円、忍者ピンは15個で860円くらい。

忍者ピン・・・けっこうお高いです。もちろん、針の形状が特殊なので

ある程度は仕方ないんだけど、地味に高額商品だったりします。

たくさん留めたいときには、ちょっぴり割高感が否めません。

ただし、強度の面で考えると、無印の画鋲よりも忍者ピンのほうがしっかりしている。

さて、これってどっちに軍配を上げればいいんでしょうね(笑)

【どちらも針の痕は残りにくい!あとは価格と使い勝手の差?】

gabyou3出典 http://www.muji.net/store/

無印良品の「針が細い画鋲」は、お買い得価格で手に入れやすい。

針穴はほんとに小さいです!よくよく目を凝らさなければ、跡が分からないレベル。

しかし、針が少し心もとないので、壁への定着がちょっぴり不安な場合も。

もし壁が柔らかい場合は忍者ピンのほうがいいかもしれません。

忍者ピンは、V字の針でしっかり壁に刺さります。強度は断然コッチのほうが◎。

留めるものの重さにもよるので、薄くて軽い紙などをたくさん留める場合は無印ピン、

重いものを吊ったり天井に刺したりする場合は忍者ピン、というふうに、

用途に応じて使い分けるのがいいかも?というわけで、引き分け!

あとは見た目の好みなども考慮するといいですね^^

なんにしても、どっちも買い置きしておきたい良品です。

※忍者ピンがもう少し値下がりすれば、勝敗を決することができるかも?



スポンサード リンク


↓無印良品のコスメも扱っている数少ない楽天ショップです↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



この記事の最上部へ

【無印良品と雑貨と私】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ