「ことり隊のタマゴ」育成日記その2

「ことり隊のタマゴ」育成日記その2google

【ことり隊のタマゴの中身、Google検索したところ・・・】

「ことり隊のタマゴ」というおもしろ雑貨を購入後、

タマゴを育成中です。で、水中でふ化するのを待ちわびてるんですが、

なかなかふ化しないのでGoogleで検索してみたところ、

ものすごく恐ろしい画像のオンパレード!閲覧注意レベル(笑)

私、パッケージそのまんまの姿の小鳥がお目見えするものだと思ってた。

でも、なんだか実物は違うらしく・・・><

環境条件によってはふ化が失敗し、クリーチャーになる可能性も・・・!

CIMG5739我が家のタマゴはどうかクリーチャーになりませんように・・・☆

だんだん上部からヒビが入り始め、大きくスキマができ始めました。

この黄色さは・・・セキセイかな?と推測。

CIMG5742ん?なんだか表面が凸凹、ザラザラしている気が・・・!

クリーチャーの予感満載!

もしクリーチャーだったとしたら、紙粘土で上からペタペタ修復して

かわいく仕立て上げようと思ってました。せっかく縁あって我が家に来たタマゴですし。

【そして誕生へ・・・!生まれ出たものは・・・】

CIMG5744なんかすごくでこぼこしてるーーー!

どっちが上なのかよくわからない。動揺を隠しきれません。

この鳥さん、セキセイグリーンという種類で、クチバシがピンク、

体の下半分がグリーンになっている小鳥です。

上半分の殻が割れたら、下半分の殻をそっと除去していいことになってるので、

おそるおそる外してみると・・・

CIMG5745あれ?ちょっとかわいい・・・(最初に見た時よりは)

表面がなぜかボコボコしてますが、思ったよりクリーチャーではなかった?

台座(足元の茶色のプラ)もきれいに取れて、コロンとした小鳥になりました・・・が!

CIMG5746お岩さんのようになって、片眼が見えない・・・><

だけど、ここからさらに水につけておくと小鳥は膨らむそうなので、

もしかしたらオメメがパッチリするかもしれないと期待。

なんだか不思議な感触です。硬質なんだけど、ちょっとヌメッとしてるんですね(笑)

水を吸って大きくなる素材ってなんなんでしょうか、未知の物体。

でも総合的にはかわいいバランスに仕上がっている。

あとは不自然な凸凹&オメメが修復されればかなりキュートだと思われます^^

CIMG5747ちなみに、ことり隊の6種類のうち、我が家のはこの子でした( ´艸`)

ネットでは「イラストと違う」などという声がありますが、

まぁどうにかこうにか・・・ギリギリでセキセイグリーンな感じ。

さて、ここから伸るか反るか。

~「ことり隊のタマゴ」育成日記その3へ続く



スポンサード リンク


↓無印良品のコスメも扱っている数少ない楽天ショップです↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



この記事の最上部へ

【無印良品と雑貨と私】トップへ

One Response to “「ことり隊のタマゴ」育成日記その2”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ