無印良品から「詰め替えるペン」発売!選べる替え芯がスゴイ

無印良品から「詰め替えるペン」発売!選べる替え芯がスゴイ

 

さすがの無印さん。

「こんなの待ってた!」というステキなアイデア。

私たちユーザーにとって当たり前にある筆記具のお悩みを

解決してくれる新発想のペン&替え芯の登場です。

 

 

 

「替え芯が合わないから本体を捨てよう」という心理

 

 

誰にでも覚えはあると思いますが、

「ペンのインクがなくなり替え芯しようと思ったらサイズが分からなかった」

「目星で替え芯を買ったら規格に合わずムダになった」

「替え芯探しが面倒なのでペン本体を処分した」。

よく考えるともったいない話ですが、”あるある”な話ではないでしょうか。

 

 

メーカーごとに異なる替え芯。

しかし、同じメーカー内でも替え芯サイズは大抵異なるものです。

私も愛用のボールペンのインクを切らして、

長さを計り同メーカーの替え芯を買ったらサイズ不適合・・・。

品番の文字も小さくて読めず、そのペン自体の仕様を諦めたことも。

 

文房具店に問い合わせるのも「芯ごときで・・・」とためらってしまい、

お蔵入りになってしまったペン本体が多数手元にあります。

芯ってもともと安価なため、そのために問い合わせるのは気が引けるんですよね。

お店の人の手を煩わせるのも嫌ですし。

 

そんなお悩みを、

このたび無印良品があっけなく解決してくれました!

 

 

 

 

ペン本体は替えず、芯を何度も取り替えられる!

 

 

こちらが基本のペン本体。

「ノック式/キャップ式」の2種類が選べます。

色は白・黒・半透明の3種類。

なんとこの本体のお値段は税込30円!

(無印さんに儲けがあるのか気がかりです・・・!)

 

 

 

そして、替え芯はというと・・・

 

 

 

税込60円。なんというお安さでしょうか。

どの太さ、カラーバリエを選んでも本体に詰め替えが可能です。

インキは2種類、「さらさら書けるゲルインキ」「ゲルインキ」。

 

「さらさら~」のほうの太さは1種類(⇒0,5mm)

そして普通の「ゲルインキ」は太さが3種類

(⇒0,38・0,5・0,7mm)。

 

 

そして肝心のインクカラーは・・・

 

こんなに選べちゃいます。これは嬉しい・・・!

ユーザーが「こうだったらいいのに」と思うことを実現してくれる。

なんて素敵な会社でしょう。

 

 

替え芯の面倒さを一挙解決してくれた無印さんに感謝です。

今後、ほかの文具メーカーさんもこれにならって

どんどん替え芯の統一化が図られることでしょう。

 

 

 

替え芯自在のペンをWEB上で試し書き♪

 

 

なんと店頭に出向かなくても、書き味を無印ネットでお試しできます。

マウスでクリックして文字を書くと、色や太さが実感できるというもの。

さっそく私も書いてみました。

 

 

すごく楽しい・・・♪サラサラ書けます。

これ、素敵な試みですね。さすがに筆致までは分かりませんが

無印ファンの方ならペンを1度くらいは使ったことがあるでしょう。

「だいたいこんな感じなのね」という感覚が掴めます。

 

無印良品の新しい試み。

ユーザー目線なのが本当にありがたいですね。

価格の見直しにより、従来よりも安価に購入可能です。

安くて使いやすいなんて無印様様ですね。

 

無印ボールペン、100円でこの書き味

無印良品ポリカーボネイト素材のボールペン

スタイリッシュ&サラサラの書き心地!無印のアルミ万年筆

【無印良品アルミシャープペン】丈夫でスタイリッシュ



スポンサードリンク


↓無印良品のコスメも扱っている数少ない楽天ショップです↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



この記事の最上部へ

【無印良品と雑貨と私】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ