無印ボールペン、100円でこの書き味

無印ボールペン、100円でこの書き味s-CIMG3742

ふだん使うボールペン、よく見たら無印でした

いつも使うボールペンは、基本ノック式。

でも、持ち歩き用にはキャップ付きのほうが好みです。

なぜなら昔、お気に入りのバッグの底に、ノック式ボールペンのインクが

思い切り飛び散ってしまい、使えなくなってしまったから(涙)。

それ以来、持ち歩き用=キャップ付き、家で使う物=ノック式、と分けています。

ある日、ボールペンでメモ書きをしているとき、

やけに書き味のいいボールペンに気づきました。黒のグリップ・・・。

「100均のかな?」と最初思いました。ゲルインクのボールペンは、

シグノやゼブラの100均モノを愛用することが多いからです(あれも書き味がいい)。

でもこのラベルシールの感じ、すごく無印っぽいなぁと思い、

MUJI.netで見てみたら、グリップは全部クリアカラー。おかしい・・・。

で、調べてみると、現在は廃番になっている古い無印ボールペンでした!

無印文房具にも廃番とかあるんですね。デザインは普遍的っぽいのに

じつは細かい部分で進化してたりするんだなぁ。新発見です。

さらさらで書きごこち抜群!ストレスフリー

s-CIMG3743無印良品、「さらさら書けるゲルボールペン 0,5mm」ブラック。¥100です。

抵抗感がほとんどなく、すべるような書き心地です。線の太さも程よい。

廃番の古いボールペンの筈が、インクの出もよく、ホント使いやすいです。

デザインは昔ながらの、シンプルなもの。ロゴすら入ってないんですね。

特徴的なラベルシールがなかったら、無印と気づかず使い続けてたハズ。

そういえば、無印のラベルってオシャレですよね。だから、剥がさず使います。

むしろ、剥がそうとしても剥がれない強力接着タイプなんですが(笑)。

muji出典 http://www.muji.net/store/

現在の無印の同等品といえば、この色使いになります。

カタチはまったく同じで、各パーツのカラーがちょっと違っているだけ。

それにしても、無意識に無印良品を使ってたってことは、

過去に無意識にコンビニで購入したものなんでしょうね、きっと。

たぶん家じゅうの文房具を探せば、無意識に入手した無印良品が

まだまだ見つかりそう♪

それだけ主張のすくないシンプルデザインなんですね。無印って。



スポンサード リンク


↓無印良品のコスメも扱っている数少ない楽天ショップです↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



この記事の最上部へ

【無印良品と雑貨と私】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ