しおりのない本に!無印の貼る「しおりシール」

しおりのない本に!無印の貼る「しおりシール」

【無印らしい!後付けできる5本の”貼るしおり”】

メディアで紹介された無印良品の「しおりシール」。

しおりが欲しい本に限って、なぜかしおりが付いていない・・・。

そんなちょっとした不便を解消してくれるのが、貼るタイプのしおりです。

さすがの無印、着目のしどころが違いますね♪

ふだんしおりがないとき、皆さんはどうしてますか?

私は本についてくる宣伝の厚紙(?)をしおりにするか、

もしくは表紙カバーを折り込んで目印にしています。

(↑この方法、本カバーを折り込むとカバーにみっともない跡が・・・)

極力、ページの隅を三角折りするのは避けたいですよね。

とくに、お気に入りの本であればあるほど、折り目はつけたくないもの。

付箋を貼ってもいいんですが、粘着力が弱くてハラリと落ち、

行方不明になることも。

そこでこの無印の長めのしおりです。

2本ついているのがまた便利ですね。長さは33センチ(!)。

大判の本でもちゃんと使えます。長さ調整はカットすればOK。

「すごい発明」「便利でリピ買い」という口コミが見られます。

人気商品ですね^^かゆいところに手が届くのが無印です。

【ところが、さらなる期待&要望の声もチラホラ】

無印良品なら、ユーザーの「もっと!」という声を拾ってくれそうです^^

このしおり、背表紙の厚みに貼るタイプですが、シール部分が丸い。

この丸の直径に、本の厚みが収まらないといけないんですが、

薄い手帳なんかだと、シールがはみ出してしまいますね。

もちろん、本の裏に貼るなりすればOKなのですが、

やっぱりしおりといえば、本の厚みのド真ん中から始まっていて欲しい。

なので、このシール部分を「縦長&細めにしてほしい」という声もあります。

また、2本のしおりヒモが付いているのはすごく便利なのですが、

これを「それぞれ色違いにしてほしい」という声も。

高いユーザビリティを求められるのも、無印さんの宿命(?)かも。

また、何度も貼り直すと粘着力は落ちていくので、

特定の本にしか貼れません。ただ、5本で180円とプチプラ。

まとめ買いしても、お財布はさほど痛みませんね^^

ですが、こういう要望の声から

新しい画期的アイデア商品が生まれることを思うと、

「”便利なモノを作ってみる”という姿勢って大事なんだな」

思わされますね。「文句の付け所なし!」と言われる商品が

これからたくさん世に出てくるといいなぁ、なんて思います。



スポンサード リンク


↓無印良品のコスメも扱っている数少ない楽天ショップです↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



この記事の最上部へ

【無印良品と雑貨と私】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ