【無印識別リング】詰め替えボトル用のカラフルシリコンタグ

【無印識別リング】詰め替えボトル用のカラフルシリコンタグ

この無印良品の金魚すくいのような輪。

最初は「なんだろう?」とフシギだったのですが、

さいきんようやく判明しました。詰め替えシャンプーボトルの口に取り付ける、

識別タグのようなリングだったんですね。

【シリコン製でカラフル可愛い4個入り】

最初見たときは、「ちょっと無印らしくない色揃え」に感じました。

事実、ムジラーさんの間では、

「もう少し色を抑えめにしてほしい」という声もチラホラ。

唯一グレーのみが無彩色で、ほか3つはポップでカラフルです。

でも、似たようなボトルを一発で見分けるには、

このくらいの信号機カラーが必要なのかもしれませんね^^

ボトル口に装着すると、こんな感じになるそうです。

ご家族の間で、暗黙ルールで色分けをしておけば、

「うっかりボディソープでシャンプーしちゃった」とか、

「コンディショナーと間違えて、2度もシャンプーを出してしまった」とか、

そういう痛恨のミスも防げます。

耐久性のあるシリコンゴム製で、4色入250円です。

無印カラーらしい淡いグレー。いずれこの商品にモノクロカラーが

登場する日も、そう遠くないかもしれません。

あえて「Shampoo」などの文字を表記しないシンプルさは

さすがに無印という感じです。

【詰め替え派?ボトルそのまま派?】

わたくしごとですが、シャンプーを詰め替えにしようか

迷っているところです。

世の中の大多数のおうちでは、詰め替え用が主流なんでしょうか。

さいきんのシャンプーやコンディショナー、

ボディソープ、ハンドソープのボトルって、

ひと昔前と違い、かなりスタイリッシュになってきています。

なので、詰め替えなくても十分オシャレに置けるものが多く、

詰め替え派に乗り換えるかどうか、すごく迷ってしまうんですね。

もちろん、シンプルに置けるこういう色味のないボトル(無印のです)が

一番自己主張がなく、バスルームに統一感も出せそうで憧れます。

ですが、デザインの凝ったボトルを見るたび、

「デザイナーの人は詰め替えされてしまうことをどう感じるのかな?」

とふと思ったりします。

ティッシュデザインについても同じで、

ティッシュカバーをかけるのをためらうくらい可愛いデザインパケが増えています。

もちろん、自分のしたいようにすればいい話なんですが、

詰め替えの手間や内容量の差なども併せて考えたときに

「どれが一番いいんだろう?」と思い、そのまま何年も経過している次第(笑)

詰め替え派へのフンギリがなかなかつかない私です。



スポンサード リンク


↓無印良品のコスメも扱っている数少ない楽天ショップです↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



この記事の最上部へ

【無印良品と雑貨と私】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ