無印良品のシャツで迎える秋の装い準備

無印良品のシャツで迎える秋の装い準備

shirt2出典 http://www.muji.net/

【夏の盛りが過ぎたら、濃い色の服が恋しくなる!】

まだまだ半袖の時期。できるだけ涼やかな恰好で過ごしたい盛夏。

それでも、来たる秋の気配を感じ取って、夏の明るい色の服よりも

「シックに落ち着いた深い色の服が着たい」と感じるようになります。

そこで、無印良品の秋色のシャツはいかがでしょうか。

shirt1出典 http://www.muji.net/

ステキなカーキグリーンのフレンチリネンシャツ。こなれ感があります。

個人的にこの丈ってすごくスキです。気になる腰張りだってスッポリ隠れるし、

袖も折り返したり長いままで着たり、アレンジ幅が広いんですね。

ゆったりで体のどこかを締め付けることもありません。ゆるっとナチュラル。

オーバーサイズで着るのもカワイイですよね。残念ながらすでにカーキは完売。

カーキは一番秋の気配を感じさせるカラーなので当然かも?

これからはカーキやネイビー、ボルドー、グレー、ブラックが気になり始めますね^^

本格的な秋の到来前に、無印で秋色を先取りしてみたいものです。

【夏の白はさわやかだけど、盛りを過ぎたら・・・】

white出典 http://www.muji.net/

夏に淡い色を装うのは軽やかでステキですが、夏の盛りを過ぎると

なんだか白浮きするというか、色が軽く見えてしまいますね。

秋の虫が鳴き始めたら、もう秋テイストをどこか一部に取り入れたくなります。

ショップバイヤーさんは夏の時点で秋服ですから、

そういう場所に夏服で行くとなんだか場違いな気がしてきませんか?

バイヤーさんは先取りが当たり前なんだけど、そんな中でいかにもな夏服を着ていると

どうも落ち着かない気分になるのは私だけでしょうか^^

shirt3出典 http://www.muji.net/

夏から秋にかけて着る服は、こういうアイマイカラーが無難かもしれませんね。

夏に着ても秋に着ても軽すぎず重すぎず。この位の濃さのデニムカラーって

けっこう万能な気がします。暑苦しければ袖は折り返せば済むハナシで、

こういう一着がいちばん重宝するんじゃないかな、とさいきんやっと気づいた私です。

なにせ、季節の変わり目はお洋服選びに時間がかかる。

オールシーズンOKの服を1つ取り入れると、お出かけが億劫でなくなりますね^^



スポンサード リンク


↓無印良品のコスメも扱っている数少ない楽天ショップです↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



この記事の最上部へ

【無印良品と雑貨と私】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ