無印良品バスローブがふわふわで肌触りがいいらしい

無印良品バスローブがふわふわで肌触りがいいらしい

バスローブやガウンって憧れませんか

バスローブ。憧れの大人アイテムです。

といっても自分はいいオトナ年齢ですが、バスローブにいまだ

手出しできた試しがないんです。

子供の頃に憧れたオトナ像というのは、

バスローブ(またはガウン)にワイングラス、高層ビルからの夜景・・・みたいな

シンプルな高級ホテルのようなムーディーな感じでした。

(シルクパジャマの上に羽織るのが理想。)でも現実には、

くたびれたTシャツにジャージを羽織り、その上から着る毛布を纏い、

足元はもこもこのルームブーツという出で立ち。

「こんなハズでは・・・」と思いつつも

そんな庶民スタイルを貫いています。もちろんラクだからなんですが^^

私、思ったんですが、ガウンやバスローブを着るということは、

「その日はもう何もすることがなく、ひたすらのんびり夜を過ごす」イメージなんですね。

ですが、現実には洗濯物を浴室で干したり、洗い物をしたり、夜食を作ったりと

けっこう夜もすべきことがある。そういうときにナイトガウン的なものを羽織ってると

手足の取り回しが利きにくいんですよね。だから余計に、

「リッチで何もしなくていい暮らしぶりの象徴=バスローブやガウン」なのです。

そんな難しく考えなくても、バスローブを着たい

世の中のどのくらいの人口が、夜バスローブを羽織ってるんでしょうね。

なんとなく、堀江さん(ホリエモン氏)はホテル住まいでバスローブとか羽織ってそうです。

バスローブ着てくつろいでる人は、

私の中では富豪か芸能人、セレブくらいしか思い浮かばない。

周囲に訊いてみても、「寝るまでバスローブだよ」という人は見たことがないんです。

せいぜいバスガウンやバスポンチョくらい。やはり腰ひもの有無が分かれ道かもしれません。

無印良品のバスローブは、すごく肌当たりが優しいそうですよ。

ナイトタイムのリラクゼーションにふわふわの手触りのガウンを着ると、

副交感神経優位になり、入眠もスムーズにいきそうですよね。憧れです。

無印のバスローブはオフ白&ネイビーの2色があります。

白ってホテル住まいっぽくて素敵。ですが、汚れが目立つかも?

かといって、ネイビーはメンズっぽいかな?ちょっと迷うところです。

価格は6000円台(SALEでは5000円台)。今現在、在庫なしです。

人気アイテムらしいんですね。ムジラーさんの多くは、このローブを羽織って

夜を過ごされているんでしょうか。羨ましい限りです。

ちなみにけっこうロングバスローブってお値段するんですが、無印は良心的ですね。

オーガニックコットン混でこの価格はなかなかお手頃。

ですが、私の中でまだまだ憧れのアイテムです。いつかは着てみたいな。



スポンサード リンク


↓無印良品のコスメも扱っている数少ない楽天ショップです↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



この記事の最上部へ

【無印良品と雑貨と私】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ