都会を抜け出してフラッと一人になれる300万の「無印の小屋」

都会を抜け出してフラッと一人になれる300万の「無印の小屋」

出典 https://www.businessinsider.jp

「賑やかで華やかなのもいいけど、ときには静寂に包まれたい」

「人混みに疲れたので、誰も知らない土地へ行きたい」

「家にモノが多すぎてくつろげない」・・・。人はさまざまな悩みを持つものですね。

モノが豊かなのは幸せで贅沢なこと。

ですが、そういう環境ばかりに身を置いていると、

いつしか原点回帰願望が内側からせりあがってくる。

そういうとき、私は京都のお寺に行きます。

でも、そうやって今の暮らしに疲れるたびに、

他所に逃げ場を追い求めるのもけっこうシンドイ。

そんなときに、もう1つ、小さくてシンプルな理想の家があったらどうでしょうか。

【良品計画から出ています。300万円で買える小さなおうち】

2017年8月、良品計画からステキなプランが発動されようとしています。

それは、「無印良品の小屋」販売。

たった9㎡のミニマルすぎるほどミニマルな、文字どおりの”小屋”。

出典 https://www.businessinsider.jp

想像以上にシンプルなこの小屋、十分な耐久性と必要最小限の条件を備えた

300万円の住まいです。ほとんどが木で出来ていて、

引き違いの大きな窓1つに、採光できる小窓1つ。これで十分なんですね。

ただし、住まいとは言っても短期間しか滞在できない仕組みです。

というのも、ここには長期間暮らすための設備は整っていないのです。

【ということは、ここは小さな別荘】

出典 https://www.businessinsider.jp

水道管、電気、換気システムを組み込むことのできない無印良品の小屋。

外付けは可能ですが、それでは意味がないのかも?

”何もないことを愛でる”、そんな狙いがこの小屋から見て取れそうです。

出典 https://www.businessinsider.jp

一見、海外のガレージのように見えますよね。でも、

ツインベッドが置けるほどには広さがあるんです。

このスペースで、あなたなら何をしますか?何を持ち込みたいでしょうか^^

私なら、1つの趣味を持ち込んで、週末はそれのみに充てたい。

現代人で、今から「大きな別荘を建てよう!」という人はそう多くないでしょう。

ですが、300万円のこんなシンプルな小屋ならどうでしょう。

ちょっと「欲しい・・・」と思う人は多そうです。

出典 https://www.businessinsider.jp

屋根は斜めになっていて、雨などを滑らかに流してくれます。

ベタ基礎、床はモルタルなど、昔ながらの技法を用いて作られているおうち。

湿気対策などもバッチリです。

一般販売は2017年秋以降の予定。(※2017年6月現在、見学会はすでに終了)

日本国内のみの販売だそうです。3~4人までがくつろげる、

豊かな現代ならではの新しいカタチのゼイタク。無印で叶えてみませんか^^



スポンサード リンク


↓無印良品のコスメも扱っている数少ない楽天ショップです↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



この記事の最上部へ

【無印良品と雑貨と私】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ