『ことり隊のたまご』その後~さらに縮んでミニサイズに変貌中

『ことり隊のたまご』その後~さらに縮んでミニサイズに変貌中cimg6351

【ことり隊のたまご育成日記の経過】

「ことり隊のたまご」についてのAmazonレビューをみていると、

けっこう悲しい評価が下されていて、

育成中の私としてはちょっぴり切ない気分です。

成功・失敗は1年ほど待ってみないと分かりませんからね^^

私は成功とも失敗とも呼べないものをふ化させましたが、

その後のお手入れによって結果はかなり変わってくることを

ここでお披露目しておきたいと思います。我が家のことり達の名誉のために。

CIMG5746

ちょっとここでおさらい画像。

このとおり、わりと無残な感じで生まれてくることの多いことり隊。

この時点で「可愛くないじゃないか!」と失望する人が多いようですが、

ここでことり隊の育成を放棄するのは時期尚早かと思うのです。

タマゴの殻で圧迫され、水気を吸って膨らむため、

絶対に均一なカタチで生まれてくることはありません。どこか必ずイビツ。

cimg5853

そして、卵からかえったあとは、とにかくむくんでいます。

膨らみすぎているので、目のプリントもズレまくっていて

ココロが折れそうになるんです。でも、ブチャイクなときは、

何度もお水に浸けなおして、全体にまんべんなく水分を吸収させ、

乾燥させることで、カタチを整えることが可能です。

上の写真では、一番右のことりが1度浸け、真ん中は2度浸け、左端は3度浸け。

水気が抜けるたびに目鼻立ちもくっきりし、見られる状態になっていくんです。

【水に繰り返し浸けるごとに、最終サイズの巨大化は免れない】

現在、ことり隊を育てて半年以上経過しましたが、

ボディが硬化すればするほど水気が抜けている証拠です。

押してみてプヨッとした感触があれば、まだ縮む余地があります。

水に浸けなおす回数が増えれば増えるほど、水気が抜けにくくなり、

長期にわたってプヨプヨ感が続きます。

でも、ある日ふと目をやると、「あれ?前より小さくなってる・・・?」

気づくことになります。

img_0943

現在のわがやのことり達です。

だいぶ水気が抜けて、サイズが均一になってきています。

右手前の茶×黄緑のことりは1回でうまくふ化させられたので

小さくまとまっています。押すと硬質ゴムのような感触。

それ以外は、まだプヨ感が抜けきっていないので、まだ放置して

サイズを小さくする予定です。

つまり育成とは名ばかりで、放置しておけばOKなのでラクです。

不運にもプリントミスした小鳥も混じってますが。

並べて置くと癒しの小鳥コーナーになります。

カタチが全体的に整ったら、ワラの巣でも敷いて素敵なインテリアにしようと画策中。

コンプしようと思ってたのですが、近所のスーパーで最近入荷してないらしく、

たまごを見かけなくなりました。悲しい・・・☆

あと2種類揃っていないんです。どうしたものか・・・(・ω・ )

 



スポンサード リンク


↓無印良品のコスメも扱っている数少ない楽天ショップです↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



この記事の最上部へ

【無印良品と雑貨と私】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ