【みんな大好き鳩サブレー】缶もグッズもすべてが可愛い…♪

【みんな大好き鳩サブレー】缶もグッズもすべてが可愛い…♪

 

鎌倉といえば「鳩サブレー」。

先日、お土産に缶で頂きました。食感大好きなので嬉しいです。

 

それにしても、鳩サブレーってなぜあんなに心惹かれるのでしょうか。

なぜだか昔からものすごく癒されます。

 

 

この缶を見た瞬間に、全身猛烈に脱力しました。

たまごイエローのすべすべした缶にあしらわれたおなじみの白い鳩。

すんなりした曲線のシンプルな鳩デザイン。

子供の落書きを見たときのように、ほんわかした気持ちに浸れます。

 

 

このフォントも妙になつかしさをそそります。オシャレなんですよね^^

レトロ感あって、気持ちが温かくなります。

 

 

そもそも、なぜ”鳩&サブレー”?

 

まずサブレーとは何なのか。

 

「サブレー(仏: sablé)」とはビスケットの一種であり、

サックリとした食感とバターの風味が特徴の洋菓子、だそうです(Wikiより)。

 

 

鳩サブレーの起源や由来については公式HPに詳しく掲載されていますが、

 

鶴岡八幡宮LOVEだった初代作り手が、本殿の鳩文字をお気に入りで、

境内にもたくさんの鳩がおり親しまれていたことから、

<ハトモチーフの何かを作りたいと考えていた>のだそう。なんという鳩愛・・・!

 

 

調べてみると、たしかに八幡宮の八の字が2羽のハトになっています・・・!

このハトのなんともいえぬ味わい( ´艸`)

 

 

 

そして、作ったお菓子が異国の人から「我が国のサブレーに似ている」と言われ、

鳩サブレーが誕生したとのこと。なんだか可愛い。

 

 

ちなみにこのハトキャラは「鳩三郎」という名前で、

サブレー=三郎となったようですね。これもまた癒しのエピソード・・・♪

 

ハトの抜き型は当時のままらしく、そのためどこか懐かしいカタチに

仕上がっているのだとか。

 

 

 

バターたっぷりと分かってても食べ過ぎる

 

 

鳩サブレーは1枚で十分食べごたえタップリですが、

バターがたっぷりゆえのキケンな満腹感なのです。

1枚あたり133キロカロリー。けっこうな数値にみえますが

サブレー界ではこれは低カロの範ちゅうだそうで・・・笑。

 

 

おいしく鳩三郎を頂きながらふと見ると・・・

 

 

プラスチック容器のフチにも鳩三郎がいっぱい・・・( ´艸`)!

このケース、引き出しの間仕切りにちょうど良いので

鳩サブレーをすべて食べ終えた今なお、収納面で活躍中です。

 

 

さらに缶の中には・・・

 

硬い厚紙のこんなものが入っていました!これは一体・・・?

 

 

説明によると、「コースターやメンコにお使い下さい」とのこと!

 

コースターなのかメンコなのかはっきりして欲しい気もしつつ

かわいいのでなんでもOK!

 

 

「可愛すぎて使えない・・・」と思ってたら

身内がさっそく切り抜いて使っていました。

こんな可愛いハトをグラス底に敷くなんて・・・私にはムリです。

 

 

フチの赤丸の色は、缶のサイズによって異なるみたいです(いろんな色があるらしい)。

 

 

 

鳩ゆえに、我が家の置物鳩と並べてみました。

見れば見るほどシンプルなカタチだなぁ鳩三郎。

 

 

そうそう、鎌倉本店でしか入手できないという鳩三郎グッズ

あまりにも可愛いとのこと。他ブログ様を拝見していると

ほんとに可愛すぎて悶絶しそうになりました。

 

 

 

Amazonで唯一買えるのが・・・

 

このハトミラーくらいでした( ´艸`)ナニコレ可愛すぎる・・・!

質感がサブレーそのもの。触ってみたい・・・♪

 

もちろん黄色缶は小物入れとして今後も大事に使います。

 

 

美味しいだけでなく、ものすごくキュートな鳩サブレー。

以前から鳩サブレー崇拝者でしたが、ますます鳩三郎LOVEになりました。

 

関連菓子「ひよこサブレー」なるものもいつか食べてみたいなぁ^^

 

 

無印良品のお菓子はなぜこんなにも美味しいのか

無印でいちばん好きなお菓子はどれ?

【どこか懐かしい食感】無印良品のミルクケーキ

無印ラムネをサンクス(現ファミマ)で買ってきました

 



スポンサードリンク


↓無印良品のコスメも扱っている数少ない楽天ショップです↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



この記事の最上部へ

【無印良品と雑貨と私】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ