電気ケトル(200円)がすごく重宝しています

電気ケトル(200円)がすごく重宝しています

「電気ケトル」ときいて真っ先に思い浮かぶのがティファール。

洗練されたデザインや使い勝手のいい形状など、言うことナシのブランドです。

私もふだん、0,8Lの白を愛用しています。すぐに少量沸かせて便利。

ですがこのたび、実家に戻っていたときは2階の部屋に寝泊まりしていて

飲み物を毎回1階まで取りに降りなくてはならず、地味に面倒でした。

そこで、「そういえば」と思い出したのが、親戚にもらった200円のケトルです。

私の親戚に、UFOキャッチャーがプロ級に上手い人が一人います。

温水さんほどではないにしても、明らかにふつうの人よりもかなり上手く、

一発でレア品を獲得できたりするので、よくその恩恵に預かったりしていました。

200円というのは、1回のキャッチャーの費用です。

この電気ケトルは一発で獲れたらしく、つまり実質200円(笑)。

笑ってしまうくらいの安心価格っぷり。

これを2階に常備し、いつでもお茶を飲めるように簡易おうちカフェを作りました。

最大1リットル容量。ほかにピンクやブルーもありました。

実際の価格がどれほどが分かりませんが、(※200円ってことはないはず)

どこのメーカーかも書かれていない。最初使うときはヒヤヒヤでしたが

なぜかティファールよりも沸騰が早く、問題なく使えています^^

【見た感じもなかなかオシャレ】

どこか近未来的な流線形フォルムです。白×グリーンの色合いも可愛い。

ティファールと同じく、コンセントを差してスイッチを入れるだけ。

グラグラとしっかり沸騰するので、お茶が大好きな私にはすごく有難いアイテム。

ただ、中は電熱線がむき出しだったりしますが(笑)

ちゃんと注ぎ口にホコリ除けの網もついていて、なかなか優秀です。

夜中に喉が渇いた時なども、すぐに白湯が取り出せます。

ちなみに、無印の電気ケトルはこんな感じ♪オシャレですね^^

やはり200円のものとは大きな差を感じます(当たり前)。

転倒時のお湯漏れ機能などは、さすがに無印良品という感じ。

ミルクピッチャーのようなデザインも素敵です。

容量は500mlと少な目ながら沸騰が早く、電気消費量も最小限だそうなので

その都度、必要分だけ沸かしても問題ありませんね。

雑貨大好き人間としては、それぞれの電気ケトルに味わいがあって

プチプラさも高級感も、それぞれに愛おしいです。



スポンサード リンク


↓無印良品のコスメも扱っている数少ない楽天ショップです↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



この記事の最上部へ

【無印良品と雑貨と私】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ