さすがの無印視点!「高さが変えられる不織布仕切ケース」

さすがの無印視点!「高さが変えられる不織布仕切ケース」

目の付け所が素晴らしい!無印の不織布ケース

思いつきそうで思いつかず、消費者のニーズに適っていて、暮らしに役立つ。

そんな製品を作るのが、ほんとうに無印さんは得意だなあ、と毎度感心してしまいます。

この「高さが変えられる不織布仕切ケース」という商品は、

ヒルナンデス(2017年7月)に紹介されたもの。

サイズは3種類、それぞれ2枚ずつ入っていて、

・大(税込1000円)・・・約幅22.5×奥行32.5×高さ21cm

・中(税込850円)・・・約幅15×奥行32.5×高さ21cm

・小(税込700円)・・・約幅11×奥行32.5×高さ21cm

となっています。

BOX型の収納用品って、皆さんけっこう手元に持ってらっしゃると思うんですが、

雑多にモノを突っ込んで、中で収納物が倒れていたり、下のほうに何が入っているか

分からなくなったり・・・ということは日常茶飯事だと思います(私だけかな?)

収納ってほんとに奥が深くて、ただ容器を買えばいい、というものではなく、

”中に何を収納するか”によって、形状や素材(硬い・柔らかい)、通気性など

うまくBOXを使い分けなくてはなりませんよね。

私も収納用品を買うのが好きで、BOXは100均などのものが沢山ありますが、

どれもこれも収納物にそぐわず、中で倒れて重なってたりするんですよ。

暮らしの中の”プチイラ”を解消してくれる無印収納

たとえばこんな編み込みの収納ケース。ですが、デリケート素材のストッキングなどを

直接入れると、電線してしまうかもしれない。引っ掛けて破れるかもしれない・・・。

そんなときにも、ソフトな不織布で当たりを和らげてくれる無印の間仕切りケースです。

高さは上部を折り曲げて自在に変えられるので、引き出しの整理などにもお役立ち。

こういう視点、やっぱり無印はさすがだなぁ、とひたすら感心。

収納したいモノによって、こんなふうに重ねたり並べたり。

小さなものや薄いもの、柔らかいものほど収納って難易度がUPするので、

そんなお悩みにいかがでしょうか^^

自作できなくもないので、おうちの紙袋の口を折り曲げるのもいいですね。

ただ、不織布という素材はいろんな収納物に幅広く対応できるので、

マルチな素材ではありますね。これは唸ってしまう便利商品。



スポンサード リンク


↓無印良品のコスメも扱っている数少ない楽天ショップです↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



この記事の最上部へ

【無印良品と雑貨と私】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ