無印良品とは?こだわりの品質・価格設定がある

無印良品とは?こだわりの品質・価格設定がある446605

1.絶対に知ってほしい無印良品のこと

全国各地にあり、人気が高く幅広い年齢層に親しまれている無印良品ですが無印良品の知名度や人気の高さには実は秘密があることをご存知でしょうか?

無印良品は実は無印良品を運営している会社側が「無印良品はブランドではありません」と自ら発表しており、個性や流行を中心とした商品ではなく、消費者の未来を見落とす視線から商品を展開しているのです。

どんな企業や業種でも商品企画をする際は、消費者が「これでなければならない」と思えるような商品を企画するものですが、無印良品の場合は「これでいいかな」と消費者が思うような商品企画をしているため、”無難”なものを作り上げるプロフェッショナル思考になっているのです。

無印良品の「これでいい」という感覚を消費者に与えるための商品企画や商品展開は、他の雑貨店やいろいろな企業にはない考えが私は、とても魅力的だと思いました。

無印良品のシンプルで使いやすい、誰でも手に取りやすい商品の裏側には、このような企業の考えがあると思った時にとても私は感動しましたし、「やっぱり無印良品が好きだ」と改めて思えました。

2.価格設定もこだわりが強いのが無印良品

無印良品の商品の価格設定は、とても幅広いと私は、思います。雑貨やコスメ用品などは、手に取りやすい安い価格が多く、とても消費者にとっては、嬉しい価格帯です。

しかしベットなどの家具など大きなモノはもちろんちょっとした雑貨でもたまに価格を「これは高いな」と感じることもあります。

近年低価格が勝負の雑貨屋さんが増えていますが”無印は、どうして幅広い価格設定で勝負をしているのか”いうことが気になり、調べてみました。

そこで知ったのですが無印良品の値段設定は、実はムダなプロセスを省いた豊かな素材や加工技術を取り入れて、最も賢い低価格設定を目指しているのだそうです。

単純に「低価格のみ」を目標にするのではなく、低コストでも良いものを消費者に提供するために賢い値段設定をするという無印良品の考えは、とても良く、今の時代の流行である「安かれ悪かれ」でモノをすぐに商品して新しいモノに買い換える思考とは違い、とてもエコロジーで魅力を強く感じました。

3.無印良品の良いところはたくさん

上記2点は、無印良品というお店の良い考え方であり、企業の方針の良いところでもあります。

無印良品は、店舗やネットモールで買い物をして、実際に手に取ると一番無印良品の良いところを感じることができると、私はいつも感じています。

どんなに企業やお店の考えがよくても商品が良くないのでは意味がないと思っているため、商品を手にとった時に本当に満足を得ることができる無印良品は、とても良い雑貨屋さんだとも思います。



スポンサード リンク


↓無印良品のコスメも扱っている数少ない楽天ショップです↓
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



この記事の最上部へ

【無印良品と雑貨と私】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ